1. TOP
  2. 【2017年冬スタイル】モテる男の冬のスーツ着こなし術

【2017年冬スタイル】モテる男の冬のスーツ着こなし術

ジャケットとシャツの間に着こなすセーターやカーディガン、色や柄を選ぶのは意外と難しいですよね。

そのような悩みをお持ちの方は、まず組み合わせのルールや実際のコーディネート例を押さえることから始めるのがおすすめです。

ジャケットだけだと肌寒くなる秋冬の季節、スーツの下に着るセーターやカーディガンの知識を押さえ、お洒落で暖かい秋冬のスーツスタイルを手に入れれば、あなたもモテる男の仲間入り!

 

1. スーツに合わせるセーターの基本と選び方


出典:http://job-worker.com/2015/02/18/848
 

まずはスーツに合わせるセーターの基本と選び方について紹介をしていきます。

セーターとまとめて表現しましたが、正確にはベストやカーディガンも含まれますので、スーツの下に合わせるインナーアイテムとしてそちらも合わせて説明していきたいと思います。
 

1-1. スーツの下に合う秋冬インナーの種類


出典:https://www.aoki-style.com
 

スーツの下に合わせる秋冬アイテムをまとめると、

①ベスト(袖がないため、スーツ全体のシルエットが綺麗に決まります)

②セーター(ボタンがない分、すっきり着こなせます。豊富なデザインやカラーも魅力)

③カーディガン(着脱が楽で季節の変わり目におすすめ)

の3種類があります。

どのアイテムも丸首とVネックタイプのものがありますが、近年のラインナップとしては秋冬はネクタイをする人が多い、ビジネスの服装上ネクタイが綺麗に見えることが良い、という観点よりアイテムとしてはVネックの品揃えが多くなってきています。

そのため、「普段スーツを着るビジネスマン = Vネックのものを選ぶ」というのが一般的です。

一方、丸首タイプについてですが、さきほど触れたように近年の品揃えはやや少なめです。丸首タイプだとシャツの上に着込んだ際にネクタイが綺麗に見えないという点が主な理由ですが、逆に言えば職場でノーネクタイOKなところであれば問題ありません。

そのため、「普段、ノーネクタイOKな人 = 丸首でもOK」と覚えておくといいでしょう。
 

1-2. 柄や色を選ぶ時のポイント


出典:http://www.ny-onlinestore.com
 

シャツとスーツの間に挟むセーターやベストなどの選び方は、

①スーツと同色系のものを選ぶ
②スーツの差し色となるものを選ぶ

合わせ方の2パターンとなります。

またビジネス向き、不向きの色と柄をまとめると、

 
<ビジネス向き>

グレー
ネイビー
濃紺
ワインレッド&バーガンディ
薄い青
グリーン(*薄いグリーンは春先向き)
ブラウン
ターコイズブルー
ダイヤ柄

 
<ビジネス不向き>
赤色
黄色
ピンク
その他、ビビッドカラーと呼ばれるもの

と言われています。

普段使いであれば、①のルールに沿いスーツと同色系のもので揃え、着こなしにアクセントを入れたい時は②のルールに沿いスーツの差し色となる色を選ぶと着こなしの幅が広がります。
 

1-3. 着用に適したシーンを押さえよう


出典:https://www.webcreatorbox.com/webinfo/kickoff-meeting
 

街行くビジネスマンの服装を見ると、ベストやカーディガンを着用している人が多く見られるかと思います。

しかし、スーツを着用する上での正式なルールの観点で結論を言うと、ビジネススーツにセーターを合わせるのは正しいフォーマルな着こなしではありません。

その理由としては、「セーターなどのニットを着用するスタイルはフォーマルスタイルではなく、カジュアルスタイル」という位置にあたるためです。つまり、「ニットを着用する = カジュアルスタイル」という位置づけとなります。

とは言いながらも、時代によってそのルールは変わり、近年のルールを一言にまとめると「ウォームビズ推奨の職場、取引先の場合は着用OK」ということになっています。

そのため、秋冬のベストやカーディガンに悩んだとしても、基本的に職場のルールに従うようにすればどなたでも安心でしょう。

念のために着用OKなシーン、NGなシーンをまとめると、

 
<着用OKなシーン>
社内(ウォームビズスタイルがOKな場合)
取引先(取引先もウォームビズスタイルがOKな場合)

 
<着用NG、また避けた方が無難なシーン>
面接時(新卒、中途含め)
重役の方などへの訪問時
ですので、参考程度にチェックしてみてくださいね。
 

2. 定番のブラックスーツで失敗しないコーディネートを作る

ブラックスーツはトーンを合わせる着こなし、差し色を演出する着こなしのエントリーカラーとしてぴったりですので、セーターの着こなしに不安な方はまずここからイメージを掴んでいきましょう。
 

2-1. ブラックスーツ × 黒色


出典:http://www.uniqlo.com

同色系で合わせた無地のブラックスーツに黒のセーターの組み合わせ。落ち着いた印象を演出する王道のコーディネートです。

シャツは薄い青、ネクタイは少し明るめのものを合わせ、コーディネートのワンポイントカラーを作ることで、全体的にまとまった着こなしができます。
 

2-2. ブラックスーツ × 紺色


出典:http://www.uniqlo.com

全体的に落ち着きのあり、清潔感を演出するブラックスーツと紺色セーターの組み合わせ。

シャツは薄い青や白無地、ネクタイは紺色と相性の良いシルバー系を選ぶことで、さりげないワンポイントカラーを取り入れたコーディネートとなります。
 

2-3. ブラックスーツ × ワインレッド


出典:http://www.uniqlo.com

秋冬の季節感、お洒落感を演出し、綺麗な大人コーデを魅せるブラックスーツとワインレッド色セーターの組み合わせ。

黒とワインレッドの色の組み合わせが抜群ですので、ちょっと小洒落たコーディネートを楽しみたいときにぴったりの着こなしです。
 

2-4. ブラックスーツ × グリーン


出典:http://www.uniqlo.com

上品で親しみを感じさせ、優しい表情を演出するブラックスーツとグリーン色セーターの組み合わせ。

グリーンカラーがコーディネートの主役となりますが、より全体のお洒落感を演出したい方はレジメンタルネクタイ、より秋冬感を演出したい方はニットタイを合わせるとスパイスの効いたコーディネートとなります。
 

■ レジメンタルネクタイ

レジメンタル・ストライプ・タイのことで、「regiment(連帯)」の文字通りに「連帯縞」のこと。

英国の各連隊に伝わる連隊旗にちなんだ、斜めストライプを指しています。

ちなみに日本語では「連帯旗縞」といいます。

 

■ ニットタイ

編み地素材で作られたネクタイ。カジュアルなスタイルのネクタイ。

出典:wikipedia,https://machomen.jp/man-spirit-167.html

 

2-5. ブラックスーツ × ダークグレー


出典:http://www.uniqlo.com
 

堅実でかっちりとした印象の着こなしを作るブラックスーツとダークグレー色セーターの組み合わせ。

全体的にシックなコーディネートとなりますが、落ちついた色味に立体感を持たせるためにネクタイはワインレッドやネイビーのものを合わせるとグッドな着こなしに。
 

3. ネイビースーツでお洒落に決まるコーディネートを作る

ネイビースーツは合わせ方によっては若々しく、大人っぽい印象を演出できますので、お洒落なスーツスタイルを取り入れたい方はおすすめです。

 

3-1. ネイビースーツ × 紺色


出典:http://www.uniqlo.com
 
取引先に失礼を感じさせず、かつ上品でリラックスした雰囲気を演出できるネイビースーツと紺色セーターの組み合わせ。

同色系を合わせる方法の代表例ですので、ネイビースーツをお持ちの方はまずここから始めるといいでしょう。

シャツも白、薄い青などで印象が変わりますので、おすすめ着まわしコーディネートのひとつです。
 

3-2. ネイビースーツ × ワインレッド


出典:http://www.uniqlo.com
 
誠実や真面目さを演出するネイビースーツに差し色となるワインレッドを合わせた上級者コーディネート。

個性をアピールし、お洒落な印象を取り入れたい時のコーディネートとしておすすめです。
 

3-3. ネイビースーツ × グレー


出典:http://www.uniqlo.com
 
サラッとシンプル、でも少しリラックスな雰囲気を演出するネイビースーツとグレー色セーターの組み合わせ。

スマートな大人のビジネススーツスタイルを感じさせるコーディネートで、ちょっとゆるめなスタイルを楽しんでみては。
 

3-4. ネイビースーツ × ライトグリーン


出典:http://www.uniqlo.com
 
ややカジュアルよりな、いわゆる大人カジュアルなスタイルを演出するネイビースーツとライトグリーン色セーターの組み合わせ。

ポイントはどちらかのアイテムの色味を抑える、例えば濃紺のスーツを選び、カジュアルすぎないスタイルを作ること。

カジュアルな服装OKな職場向きですが、濃いめの色味のものを選ぶことで、優しい印象を作ることもできます。
 

3-5. ネイビースーツ × ダイヤ柄


出典:http://www.uniqlo.com
 
堅実でブリティッシュトラッドさを感じさせるネイビースーツとダイヤ柄の組み合わせ。

全体としては堅実な印象を与えつつ、ダイヤ柄でアクティブなイメージも演出できるおすすめコーディネートです。

無地もいいですが、ダイヤ柄のアイテムを一つ持っていると日々の着こなしの幅も広がりますので、アイテムとしてもおすすめです。
 

4. グレースーツで大人の余裕があるコーディネートを作る

エレガントで紳士的な印象を与えるグレースーツの着こなしを押さえて、いつもとちょっと違う大人なスタイルを手に入れてくださいね。

 

4-1. グレースーツ × 紺色


出典:http://www.uniqlo.com
 
品格や知性を感じさせつつも、全体のトーンを抑えたコーディネートができるグレースーツと紺色セーターの組み合わせ。

カラーリングはシンプルにし、スーツは秋冬感のある素材(例:フランネルなど)を選ぶことで、バランス感の良いコーディネートを楽しむことができます。
 

4-2. グレースーツ × ワインレッド


出典:http://www.uniqlo.com
 
シャープで鮮やかな印象を演出できるグレースーツとワインレッド色セーターの組み合わせ。

全体はシックにまとめ、差し色にワインレッドを合わせることで、いわゆる都会のデキるビジネスマンスタイルを楽しむことができるコーディネートです。

やや濃いめのグレースーツとも相性が良いので、「お洒落に決めたい!」時の上級者コーディネートとしておすすめです。
 

4-3. グレースーツ × ライトグレー


出典:http://www.uniqlo.com
 
都会的で余裕があり、ややリラックスさを取り入れたビジネスマンスタイルを演出するグレースーツとライトグレー色セーターの組み合わせ。

ポイントは、アイテムの色にグラデーションを持たせ、シックにまとめること。

その他、上級者コーディネートとしては、グレーのグレンチェックスーツに合わせるのもおすすめです。
 

4-4. グレースーツ × グリーン


出典:http://www.uniqlo.com
 
温かみがあり、季節感のあるコーディネートを演出するグレースーツとグリーン色セーターの組み合わせ。

グリーンは季節感を感じさせる、いわゆる「アースカラー」のひとつのため、コーディネートの主役として目立たせると良いでしょう。

また深みのあるグリーンも渋さが出るのでおすすめです。
 

4-5. グレースーツ × ダイヤ柄


出典:http://www.uniqlo.com
 
王道のブリティッシュトラッドを感じさせるグレースーツとダイヤ柄の組み合わせ。王道と遊び心を兼ね備えたスーツスタイル上級者のコーディネートです。

ダイヤ柄を合わせることで、知的、かつアクティブな印象を作ることができるおすすめの着こなしです。
 

\ SNSでシェアしよう! /

俺のWEBマガジンORENOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

俺のWEBマガジンORENOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

▼当サイト(ORENO)の説明▼

ライター紹介 ライター一覧

ORENO

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大注目の「岸明日香」グラビア・プロフィール・彼氏!?

  • 「篠崎愛」DVDが韓国で1位に【グラビア・プロフィール・彼氏】

  • 第二の壇密!色気がハンパない「園都(そのみやこ)」徹底解剖

  • ドロリッチCMで話題になった『中村静香』徹底解剖!

関連記事

  • 【2016年冬アウター】メンズファッション着こなし術‼︎

  • 【2016年秋冬】メンズトレンドファッション大公開!!今回はこれが流行る!?

  • 【メンズアイテム】吹雪でももっと楽しめる!【モテ】

  • ギャンブル必勝法‼︎これで+5万UP!?【パチンコ編】

  • 頭痛が痛い・後で後悔…これって二重表現かも

  • 『#キニナルあの子』 くるみ(Model,Creater)

""