1. TOP
  2. 【ワキガ,口臭,汗臭さ】夏デートに向けて体臭を改善!食べるべきものと食べちゃダメなもの

【ワキガ,口臭,汗臭さ】夏デートに向けて体臭を改善!食べるべきものと食べちゃダメなもの

もうかなりあったかくなってきて気温も上がりつつある今日このごろ。もうすぐ訪れる「夏」。夏休み、お盆などの長期休暇を楽しみにされている方も多いのでは?
しかし、素晴らしい「夏」にもひとつ不安のタネが・・・。それは「体臭が気になっちゃう!」ことです。暑くて汗をかくのはあたりまえであり、人間の正常な反応ですが、その汗にも「臭い汗」「臭くない汗」があります。「ワキガ」などで悩んでいる方も、中にはいるかもしれませんね。さらに、「口臭」「足の臭い」「頭皮の臭い」などなど、気になる「臭い」は他にもたくさん・・・。

くさい人はやっぱムリ!

体臭の原因とは・・・


出典:https://doctors-me.com/doctor/symptom/75/column/1550
汗ばむ季節になると、体のニオイが気になる人も多いのではないでしょうか。体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解され、発生したガス(揮発性成分)が臭うものです。汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなります。
皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、時間が経って皮膚常在菌が作用することにより、これらに含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイのするガス(揮発性成分)を発するようになるのです。これまでに数百種以上の体臭の成分が確認されています。
出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/24_taisyuu/index1.html

とにかく、様々な臭いが気になる季節、夏。少し早めの、今から備えておけば大丈夫!効果バツグンの臭い対策があるんです!それは「食べ物」。体臭を悪化させるNG食材と、体臭を改善するおすすめ食材の両方をどばっとご紹介!少しでもあたまに入れておいて、意識的に身体の内側から整えていくことで、体臭は必ず改善されますよ!

体臭を悪化させる!NG食材

夏はバーベキューなどでお肉が食べたくなる季節ですが、実は肉類は体臭の原因となりやすいのです。肉の特徴といえば、なんといっても豊富なタンパク質。しかし、このタンパク質は、体臭の原因の1つです。食べた肉は、消化器官で吸収された後、肝臓でエネルギーに変換されます。このエネルギーに変換する際、熱が発生します。この熱がポイント。驚くべきことに、タンパク質は糖質に比べ、およそ5倍の熱を生産するのです。つまり、大量の肉を食べると、体温が上がりやすいため、汗をかきやすくなるのです。

硫黄成分を含んでおり、腸内で消化吸収される際に腐敗毒素が大量に発生します。これが原因となって体臭が悪臭になりやすくなってしまいます。

牛乳

牛乳を飲み過ぎると、腸内で吸収・分解が追いつかないために、腸内で悪玉菌が発生してしまいます。この悪玉菌は硫化水素やアンモニアなどの体臭の原因となる物質を発生させ、血液などにより全身に巡っていきます。この体臭を促進する状態とは「腸内で乳製品を腐らせている」のと同じ状態になります。腸内で牛乳の吸収や分解が不十分となり、不完全燃焼を起こし、体内で牛乳が有効な栄養素に成りきれないのです。これが牛乳の飲み過ぎが体臭に良くない理由です。経験として「常温で牛乳やミルクを長時間置いておいたら、ひどい臭いがした」、そのような経験をしたことがある方は、そのときの臭いを思い出してみてください。恐ろしいですよね。それと同じ事が体内で発生している状態になります。

チーズ

乳製品の主な成分は脂質です。脂質は腸内の絨毛の突起の間に詰まり腸内を汚くしてしまうんです。そのため腸内の働きが弱くなってしまいます。さらにその詰まった脂質が腐りひどい腐敗臭を放つため、それが体外に放出され体臭になるんです。欧米の人の体臭がチーズ系の臭いなのはそのためです。

バター

これもチーズと同じ乳製品ですので、避けた方が無難ですね。

アイスクリーム

これも同じく乳製品。暑い時期にこれを我慢するのは酷なことかと思いますが、一時のタイミングだけでも我慢したほうが◎。

揚げ物

揚げ物に使われる油は体内を酸化させ、嫌なニオイを発します。また油っぽい食事は脂質を多く含んでいるため、皮脂の分泌量が増加し体臭の原因となります。

スナック菓子

(肉、卵、牛乳、チーズ、バター、揚げ物、スナック菓子等もすべて)動物性脂肪を多く含んでおり、大腸に運ばれて悪玉菌や大腸菌に分解されるとアンモニアを発生させます。

にんにく

にんにくがすり潰されたり、刻まれたりするとアリナーゼという酵素が生まれ、アリインとアリナーゼが反応すると「アリシン」という物質になります。アリシンが体内で分解されるときに、にんにく独特の臭いを発生させ、これが体臭の原因となります。

らっきょう

らっきょうをたくさん食べると腸内で臭いのあるガスが発生しやすくなり、らっきょうの成分であるアリシンも臭いの原因になるので、おならがたくさん出たり、臭いが強くなることがあるといえるでしょう。

ニラ

体内に取り込まれたニオイの原因となる物質が胃で消化され、それが血液の中に取り込まれて全身を循環する際に、皮膚や口から吐き出されることによって、体臭の原因となります。

たまねぎ

らっきょうと同じくアリシンが含まれ、このアリシンという成分が玉ねぎの独特な臭いの元となる物質なので、食べ過ぎにより体内に増えすぎてしまうと、血液に乗って全身を巡ることで汗として分泌され体臭を臭くします。

辛いもの

辛い食べものには発汗作用があるため、全身に汗をかきやすくなりますが、その汗と空気中の雑菌が結合すると臭いの素となってしまいます。カレーもNG。

お酒

アルコールが体内で代謝する際、アセトアルデヒドという成分が生成されますが、血液中にアセトアルデヒドが増加すると尿だけでなく皮膚などからも排出されるため、体臭の原因になります。

カフェイン

もしコーヒーを飲んでいなくても、紅茶やコーラ、チョコレートにもカフェインは含まれているので、見直してみましょう。

体臭を改善してくれる!おすすめ食材


野菜、海藻、乳酸菌を含んだ食品は体臭の原因を減らせる可能性大!体臭の改善には菜食中心の生活を!
リコピンや、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンなどの抗酸化物質は、身体の中で脂質の酸化を抑制する働きがあるため積極的に摂るようにしましょう。また、ビタミンB2やビタミンB6には脂肪を分解する働きや、タンパク質の代謝を促進する作用があります。

トマト

トマトにはリコピンやβカロテンなどが豊富に含まれています。そしてそれらに含まれている抗酸化作用が体臭を予防すると言われています。

スイカ

スイカには、赤い色素が特徴の「リコピン」がたくさん含まれています。その量は、トマトの1.5倍と言われており、強い抗酸化力に加えて代謝も向上させるので、体臭改善の効果が期待できます。

にんじん

非常に高い消臭効果を持つことが昔から知られています。優れた高酸化作用で、体臭の原因となる脂肪の酸化を防ぎます。消臭作用の高いビタミンCを多く含んでいるのも特徴。

ほうれん草

ビタミンCやビタミンE、そしてベーターカロチンを多く含んでいて抗酸化作用があり、活性酸素を少なくしてくれる働きがあります。

パプリカ(赤ピーマン)

抗酸化作用のあるビタミンC含有No1。赤いパプリカには、カプサイシンという赤い色素が含まれています。カプサイシンは、高い抗酸化作用を持っている成分で、体の臭いの元になる活性酸素を除去する働きがあるのです。

めんたいこ

ビタミンEがたくさん含まれているので、摂取することで過酸化脂肪の発生が抑えられ、臭いを防ぐ効果があります。

味噌

腸に善玉菌が増えることで、腸内で体臭の原因物質を作る悪玉菌が減ります。味噌には乳酸菌が豊富に含まれています。日本の食卓に欠かせない「味噌汁」で摂取するのがおすすめ!

玄米

玄米にはミネラルやビタミンが豊富にあり、栄養のトータルバランスが取れています。更に、玄米にはフィチン酸という【デトックス物質】が含まれています。これは、体内から毒素を排出する作用があるため、血液の浄化を促進してくれます。

白身の肉

同じ肉でも赤身ではなく、鶏肉や七面鳥のような白身の肉を食べると体臭が抑えられるといわれています。肉を食すのであれば、牛肉、豚肉などは避けて、鶏肉にしましょう。

ヨーグルト

乳酸菌といえばヨーグルトですよね。臭い対策で必要な、腸内環境を整える効果があります。腸内の環境が悪いと、吸収されたにおい成分が血中に混ざって全身に運ばれ、毛穴を通して体外に排出し、それが体臭につながります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、善玉菌の餌になります。適量のヨーグルトを定期的に食べることで、腸内の善玉菌をどんどん増やすことができ、腸内の環境が整います。結果として、体から出るにおいが抑えられるのです。ヨーグルトでおなかを健康にしておくことも大切です。

納豆

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをすると言われています。エストロゲンはさまざまな働きをしていますが、その中で汗腺機能を抑制する働きがあります。そのため、エストロゲンと同じ役割を果たす大豆イソフラボンは汗の発汗を抑えるのに役立つと言えるのです。

ししゃも

ビタミンB2が豊富に含まれています。

バナナ

バナナはエネルギーになるミネラルや糖分が豊富に含まれています。そのため、その分乳酸が発生しにくくなり、汗のアンモニアの発生を減らし、酸っぱいような汗臭さを予防する効果が期待できるのです。他にも、リンゴ、バナナ、イチゴ、ブルーベリー、スイカ、パイナップル、梨も効果的。オレンジジュースやグレープジュースもいいでしょう。

かつお

ミネラルが豊富です。また、かつおに多く含まれるパントテン酸には抗ストレス作用も期待できます。このパントテン酸は水に溶けやすく、熱で分解されやすいので、摂取方法としてはたたきや刺身でいただくのが効率的です。

いわし

いわしにはビタミンB6が含まれています。ビタミンB6が不足すると、精神的な不調を引き起こし、ストレスにも弱くなります。ストレスを受けると、自律神経が乱れ、胃腸や肝臓などの内臓の働きが低下してしまいます。その結果、肝臓で処理されるはずの有害物質が、処理しきれずに血液中に入り込み、汗や皮脂と一緒に毛穴からでてきます。また、胃腸の働きが低下すると、便秘や下痢などの原因となります。腸内環境が悪化し、腸内の悪玉菌が増えて便が発酵し、口臭や体臭が強くなります。ですので、ビタミンB6は必須栄養素とも言えるでしょう。
他にも、腸内環境を整えるために食物繊維やオリゴ糖などを摂ることもよいですね。便秘になると、腸の中にたまった老廃物からガスが血液中へと入り、汗と一緒に排出されます。
食生活に偏りがある方は特に気を付けてくださいね。


いかがでしたか?
この夏、自分の体臭が気になる人にはぜひこの食べ物を変える方法で体臭を改善して、自分にもっと自信をもってほしいものです。せっかくの夏、人生にたった1度きりしか、この夏はありません。好きな人がいる人、落としたい女の子がいる人、彼女がいる人は特に、女の子に「えっ?」と思わせる体臭を発することはNG!「自分は臭くない」そう思っている人、自分で自分の臭いには気が付き辛いというだけの可能性だってなきにしもあらず。気を使わないよりは気を使った方が間違いなし、それが臭いケアというもの。クリーンな清潔人間になって、この夏を心からenjoyしちゃいましょう!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

俺のWEBマガジンORENOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

俺のWEBマガジンORENOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

▼当サイト(ORENO)の説明▼

ライター紹介 ライター一覧

ORENO

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大注目の「岸明日香」グラビア・プロフィール・彼氏!?

  • 「篠崎愛」DVDが韓国で1位に【グラビア・プロフィール・彼氏】

  • 第二の壇密!色気がハンパない「園都(そのみやこ)」徹底解剖

  • ドロリッチCMで話題になった『中村静香』徹底解剖!

関連記事

  • 安くてうまい!大阪ミナミのごはん屋5選

  • マガジングラビアに登場!乃木坂46与田祐希が可愛すぎる

  • 「福岡で一番かわいい女の子」今田美桜プロフィールとグラビア

  • 古き良き宿でのんびり♪1日1組(1棟貸切)宿5選

  • 「”アメ村天国”開催記念」愛はズボーンインタビューVer2.

  • ぽっちゃり女芸人の外国人ウケがすごい件

""